旅行業協会について

旅行業を開始するためには、登録が決定してから14日以内に最寄りの法務局にて営業保証金の供託手続きをしなければなりません。もしくは旅行業法に基づく観光庁長官の指定協会である旅行業協会へ加入して、保証金分担金(弁済業務保証金分担金)を納付することで営業保証金の供託に替えることができます。旅行業協会に入会することで営業保証金が1/5になるだけでなく、旅行業者として営業を行っていくうえでもさまざまなサポートを受けることができるので多くのメリットがあります。
所轄行政庁へ旅行業登録の申請をする際には、添付書類として旅行業協会が発行する「入会確認書」「入会承諾書」が必要となりますので、あらかじめ旅行業協会への加入を済ませておかなければなりません。
旅行業法に基づく観光庁長官の指定協会となっている旅行業協会は、下記の日本旅行業協会(JATA)、全国旅行業協会(ANTA)の2つ協会です。それぞれ各都道府県にて申請方法が異なる場合がありますので事前の確認が必要です。
次表は、営業保証金および弁済業務保証金分担金その最低額を例示したものです。

種別 営業保証金 弁済業務保証金分担金
第一種旅行業 7,000万円 1,400万円
第二種旅行業 1,100万円 220万円
第三種旅行業 300万円 60万円
地域限定旅行業 100万円 20万円
旅行業者代理業 不要 不要

日本旅行業協会(JATA)

【本部事務局】
〒100-0013
千代田区霞ヶ関3-3-3 全日通霞ヶ関ビル
電話番号 03-3592-1271(代表)
日本旅行業協会(JATA)入会申請書類
日本旅行業協会(JATA)入会手順

全国旅行業協会(ANTA)

【本部事務局】
〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル5F
電話番号 03-5401-3600
【東京都支部】
〒102-0074
東京都千代田区九段南4-8-8ポンピアンビル6F
電話番号 03-5210-2500
全国旅行業協会(ANTA)入会申請書類
全国旅行業協会(ANTA)入会手順

旅行業協会への入会金および年会費

種別 日本旅行業協会(JATA) 全国旅行業協会(ANTA)
入会金 年会費 入会金 年会費
第一種旅行業 80万円 35万円 150万円 各支部による
第二種旅行業 80万円 35万円 65万円 各支部による
第三種旅行業 80万円 35万円 55万円 各支部による
地域限定旅行業 80万円 35万円 40万円 各支部による

旅行業協会への入会が完了する期間の目安

日本旅行業協会(JATA)

本部での入会審査を随時行っています。そのため入会申請から約2週間程度で入会手続きが完了します。

全国旅行業協会(ANTA)

約2ヶ月に1回のペースで入会審査日が設定され、協会本部の常任理事会で入会について審査・承認されます。したがって、入会が完了するまでの期間が数カ月かかることもあります。
必要書類は、入会審査日約1週間前のまでに提出します。

旅行業の登録申請に関するご相談

旅行業の登録申請に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 旅行業登録申請代行センター東京/素早い対応で確実に旅行業登録(新規申請、更新、変更届など) All Rights Reserved.