基準資産額が満たない場合

旅行業の登録をするには、申請する法人・個人の財産基礎として、「基準資産額」が旅行業の種別ごとに定められています。

  • 第一種旅行業の場合は3,000万円以上
  • 第二種旅行業の場合は700万円以上
  • 第三種旅行業の場合は300万円以上
  • 地域限定旅行業の場合は100万円以上

詳しい旅行業登録の要件はこちらへ

基準資産額の計算方法

項目 決算日   年   月   日 備考
 資産の総額
繰延資産 不良債権とは、1年以上回収されていない貸付金、売掛金、未回収金等で回収不能の債権
営業権
不良債権
負債の総額
営業保証金又は分担金
増資又は債務免除等   年  月  日
基 準 資 産 額

A-B-C-D-E-F+G=基準資産額

上記の計算により算出した基準資産額が要件に満たない場合は、以下の対応策を講ずる必要があります。

対応策

増資

本決算により算出した不足額を超える増資を行う。
必要書類等  「増資が記載された登記簿謄本」

債務免除

本決算により算出した不足額を超える債務免除を受ける。
必要書類等  「その事実を記載した公正証書」

贈与

本決算により算出した不足額を超える贈与を受ける。
必要書類等  「その事実を記載した公正証書及び入金の事実を証明する書類等」

不動産の評価替えによる基準資産額の充足

必要書類等  「不動産鑑定士による不動産鑑定書」または「固定資産評価証明書」

旅行業の登録申請に関するご相談

旅行業の登録申請に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 旅行業登録申請代行センター東京/素早い対応で確実に旅行業登録(新規申請、更新、変更届など) All Rights Reserved.